産後のお悩みはありませんか?

[check]出産後、骨盤が拡がったきがする。
[check]全身のむくみが気になる。
[check]出産前のスカート・ジーンズが入らない。
[check]尿漏れ
[check]便秘やポッコリお腹で困っている
[check]妊娠中から頭痛が続いている。
[check]恥骨が痛い
[check]骨盤を整え、首痛や肩こり改善し育児をしたい。

ポッコリお腹の女性

産後の悩みを放置するとこんなデメリットが。

肩こりの女性

  • 骨盤周りにお肉が付きやすくなります!
  • 出産回数を重ねるごとに、パンツが1サイズ上がっていきやすいです!
  • 育児をすることで、肩こり・腰痛・膝痛など起こりやすくなります!
  • 骨盤周辺の痛みやトラブルが出やすくなります!
  • 女性特有の症状の悩みが出やすくなります!

妊娠中から出産後の骨盤に変化が

出産前後の独特の骨盤開閉メカニズムや、妊娠時の姿勢、出産後の生活の変化(抱っこする・授乳する)などから出産後の骨盤が変化をします。

この時期に悪い姿勢などを繰り返していると、強いゆがみをつくってしまう原因になります。

また、出産後は授乳や、抱っこ、と何かと体に負担がかかりやすいもの、特に姿勢には気を付けたいです。

画像の説明

妊娠中の骨盤

胎児の成長に合わせて、骨盤の骨と骨の接合部をゆるめるホルモンが出てきますので、骨盤も開いていきます。

骨盤が開くことは胎児が大きくなるためには必要な事ですが、骨盤自体にゆがみをつくりやすくなっています。

出産時の骨盤

赤ちゃんが産道を通る時の刺激が脳に伝わり、一気に骨盤をひきしめるホルモンが放出され、骨盤の骨と骨の接合部が硬くなります。

このとき通常であれば骨と骨が元の状態にひっつくのですが、骨盤自体にゆがみがあるとゆがんだ状態のままでひっつくことがあります。

出産後の骨盤

出産後、閉じたはずの骨盤ですが、1ヶ月~1ヶ月半ほどは骨盤の骨と骨の接合部が弱い状態です。

通院頻度と期間

「産後整体・産後骨盤調整のよくあるQ&A」に記載がありますのでご確認ください。