骨盤の歪みタイプは4つある

まず、骨盤にどんな歪みがあるか?見ていきましょう!
骨盤の歪み方は4つ

一般的に、骨盤の歪み方は
骨盤が

  1. 前に傾く
  2. 後に傾く
  3. 開く
  4. 左右で傾く
  5. 左右で捻じれる
    と、言われています。

骨盤のゆがみで重要なのは、前傾と後傾です。
理由は

  1. 最も歪みが多いパターンであること
  2. 身体全身の歪みを引き起こし不調になりやすいことです。

今回は骨盤の前後の歪みにつて解説していきます。

骨盤の前後の歪みがあるのか?チェックしましょう!

壁にピッタリ背中をつけて下さい。
次に、腰の後ろにこぶしを入れる

こぶしが腰と壁の隙間にすっぽり入れば骨盤が前に傾いており、手の平も入らない場合は、骨盤が後ろに倒れている可能性があります。

また寝るときに仰向けの状態が辛い、仰向けでいると腰が浮くなどの自覚がある方は、骨盤が前に傾いている可能性が高いです。

骨盤の前後の傾きのある方は改善するだけでお腹ぽこっり・太もも肥大や猫背が解消する見込みがあるりますね。

壁にピッタリ背中をつけて
出典:セルフドクターネット

次は、体の状態でチェックしましょう

骨盤が前後の歪むと、次のような症状や状態が起き易いです。
多くあてはまる場合は、歪みが大きい可能性が高いです。

  • 脚の付け根が痛い
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 背中の痛み
  • 腰痛
  • 猫背
  • ふくらはぎが張る、浮腫む
  • 体の疲れがなかなか取れない
  • 下腹がぽっこり出ている
  • 太ももの前が肥大化

骨盤がゆがむ原因は、日頃の癖(クセ)!

まれに、生まれつき骨盤まわりの骨の形成に異常がある場合がありますが、ほとんどは日常生活での癖が原因で起こってきます。
妊娠・出産・子育でも身体への負担は大きく、この場合も、骨盤を歪める原因は多くなります。

日常生活での癖は、よく使っている筋肉と使わない筋肉に分かれます。

  • よく使っている筋肉は、強くなります。
  • 使わない筋肉は、弱くなります。

この、強い筋肉と弱い筋肉の差が大きくなればなるほど、体の不調は治りにくく、骨盤の歪みも大きくなります。
骨盤の骨が勝手に動くのではなく、筋膜や筋肉の影響で歪みます。

骨盤矯正の考え方

骨盤矯正をする治療院は、たくさんあります。
それぞれ、骨盤についての知識量はバラバラですが。

北九州整体院が、他の治療院と違う点は、骨盤の歪みだけに、気を取られないようにしていることです。
骨盤の歪み+骨盤の歪みの原因となる姿勢や筋・筋膜の偏りを考えて行う治療法です。

具体的には、骨盤の歪みの原因である姿勢を分析して、骨盤を支えるの筋肉・筋膜及び血液・リンパの流れを調整していくのが北九州整体院の骨盤矯正です。

まとめ

今回ご紹介した骨盤のゆがみチェックは、あくまで簡易的なチェックの方法です。
すべてが骨盤の歪みによるものとは断定できません。
もしチェックしていて、異常を感じた方は、整体などの専門家に相談するのをおすすめします。

また、普段の生活における姿勢で、骨盤は大きく影響を受けます。
いつも正しい骨盤の位置をキープすることを意識して生活しましょう。